AUKEY Bluetoothトランスミッター BT-C1買いました!

Bluetoothイヤホンに買い替えたのはいいけれど、9年前に購入して未だに現役の80GBのiPod classicに使えないのは残念。

そこで、Bluetoothトランスミッターを購入することにしました。


買ったのはAUKEY Bluetooth トランスミッター Bluetooth送信機 ワイヤレス オーディオ トランスミッター 3.5mmステレオミニプラグ接続 BT-C1

選んだ理由は、まずはコンパクトなサイズ。それから手頃な価格。さらにAmazonのトランスミッター売れ筋ランキング1位(購入時)ということもあって、このBT-C1に決めました。


パッケージ内容は本体(BT-C1)、3.5mmステレオミニプラグとRCA×2オーディオケーブル、USB充電用ケーブル、取扱説明書。


本体のサイズは、55×25×11.5mmとコンパクト。


3.5mmオーディオプラグ付きケーブルが本体のケーブル溝に収納出来るのでスッキリ。


ケーブルを引き出すとこんな感じ。


Micro USB充電ポート。


Micro USB充電ポートにUSB充電用ケーブルを接続して充電します。


マルチファンクションボタン。

電源ONにするにはこのマルチファンクションボタンを3秒以上長押し(LEDランプが青色に点灯)、電源OFFにする時も同様(LEDランプが約1秒で赤色に点灯した後消灯)。


BT-C1とBluetoothイヤホン JPRiDE JPA1 MK-IIをペアリングしてiPod classicの曲を聴くことが出来ました。

JPA1 MK-IIとのペアリングの手順ですが、BT-C1の電源がオフの状態でマルチファンクションボタンを5秒以上押し続けるとLEDランプが青色と赤色に交互に点滅しペアリングモードになります。JPA1 MK-IIもペアリングモードにします。ペアリングに成功するとBT-C1のLEDランプが青色と赤色の交互の点滅から青色の点滅に変わります。

Bluetooth イヤホン JPRiDE JPA1 MK-II買いました!
2013年12月に購入してからずっと愛用していたイヤホン、ZERO AUDIOのZH-BX500ですが、プラグ近くを覆うシリコン素材の部分にひびが入ってしまいました。それでもしばらく使い続けていたのですが、どんどんひび割れが大きくなってきた...

実は、BT-C1購入前に確認していなかったのですが、ペアリングするには相手側Bluetooth機器のプロファイルがA2DPに対応している必要があります。説明書を読んで、慌ててJPA1 MK-IIがA2DP対応かどうか確認しましたが、対応していてホッとしました。

ただ、iPod classicをBT-C1でJPA1 MK-IIと接続した場合、JPA1 MK-IIのリモコンでの音量調整は可能なのですが、次の曲や前の曲にすることは出来ませんでした。音については特に問題なく聴けました。

iPod classicでも使えたらいいなあと思っていたワイヤレススピーカーCreative D100ともBT-C1で接続することが出来ました。

ワイヤレススピーカー Creative D100買いました!
買ったのは、Creative D100 ワイヤレス スピーカー ブラック Bluetooth SP-D100。Bluetooth内臓のノートパソコンやネットブック、iPad、iPod touch、スマートフォンなどをワイヤレスで接続出来ます。

私はiPod touchよりもiPod classicに曲をたくさん入れているので、BT-C1のおかげでBluetoothイヤホンやスピーカーが使えるようになって良かったです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
家電・デジモノ
ハル

田舎で生活しているため買い物はほぼネットショッピング。家電、映画、音楽が好きな100%インドア派・・・かと思いきや実は夫と2人で自転車に釣りにキャンプにとアウトドアな週末を過ごしています。コメントなどお気軽にどうぞ。

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
green grass

コメント