イワタニのフッ素加工焼肉プレート買いました!

我が家で焼肉をする時は5年半ほど前に購入したTIGERのホットプレートを使っていました。

TIGER ホットプレート モウいちまい 買いました!
先日買ったコーヒーメーカーに続いて、また新たなキッチン家電を購入しました。今回購入したのは、TIGER ホットプレート モウいちまい CRB-B120-T。

使ううちに気付いたのが、後片付けが割と面倒ということ。プレートが大きくて重いから洗うのが大変なのです。

だから、家で焼肉したいけどホットプレートの後片付けが…と思うことがありました。


そこで見つけたのが、Iwatani(イワタニ)の焼肉プレート。

全面フッ素樹脂加工でお手入れ簡単なのはもちろん、プレートの大きさが2人暮らしの我が家にちょうど良いサイズで、しかも軽い。そして値段もお手ごろ(Amazonで購入時の価格1,400円でした)ということで買っちゃいました。

最初に注意しておきたいのが、この焼肉プレートは「イワタニカセットフー専用アクセサリー」であるということ。

箱の裏面に記載されている警告にも「イワタニカセットこんろ用専用アクセサリーですので、それ以外の器具では使用しないでください。」とあります。また、イワタニカセットこんろであっても使用できない機種もあるという注意書きもあります。


箱の中身は、プレート、受け皿、取っ手。


受け皿にプレートをセットするとこんな感じでぴったりとはまります。

グラグラするようでは焼肉をする時に危ないですが、ぴったりはまるので安定感があります。


プレートの取り外しには取っ手を使います。


受け皿の底にはくぼみがあります。このくぼみをカセットコンロのごとくにはまるように置きます。


カセットコンロの上に受け皿を置いて、受け皿に2/3程度(約260cc)の水を入れます。

警告に必ず水を入れて使用するよう書いてあります。また、使用中に水が少なくなったら水を足して空だき状態にならないようにとも書いてあります。


受け皿にプレートをセットして、肉や野菜を乗せました。

なお、初めて使用する際にはプレートを少し温めて、表面にサラダ油などを塗ってなじませた後に使うように書いてあるので、その通りにしました。


肉がいい感じに焼けました。

コンロの火力は「中火以下」でと書いてあるのですが、その意味がわかりました。中火以下で十分に肉や野菜が焼けるのです。

かぼちゃをちょっと厚めに切ってしまったかなと思ったのですが、しっかりと焼けて、普段はあまりかぼちゃを食べない夫が美味しいと言って食べていました。

ホットプレートと比べて肉も野菜も「焼いてる」感じがあって、なんだか美味しく感じました。

煙と油はねを心配したのですが、煙はホットプレートに比べたらやや煙いかなという感じ(部屋の窓を網戸にしてキッチンの換気扇を回していました)で、油はねはありますが脂身が少ない牛肉の場合はそれほど気になりませんでした。脂身の多い豚肉を焼いた時は結構油がはねました。

実際に使ってみて、プレートの大きさは2人暮らしの我が家にはちょうど良いサイズでした。プレートと受け皿はフッ素加工なので汚れを落としやすいし、どちらも軽いのが嬉しい。

これで気軽に家で焼肉ができるかな。

アマゾンのレビューが500件以上あるのですが、レビューを見る限り私の気のせいではなく、やはりホットプレートで焼くよりも美味しく感じている人が多いようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
買い物
ハル

田舎で生活しているため買い物はほぼネットショッピング。家電、映画、音楽が好きな100%インドア派・・・かと思いきや実は夫と2人で自転車に釣りにキャンプにとアウトドアな週末を過ごしています。コメントなどお気軽にどうぞ。

フォローする
フォローする
スポンサーリンク
green grass

コメント