チェイサー

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]

2008年に韓国で公開され、数々の映画賞を受賞した話題作『チェイサー』。DVDレンタル開始したら借りようと思っていたのにすっかり忘れていましたが、TSUTAYA DISCASのリストに入れたらスグ借りれました☆

韓国のサスペンス映画って、やっぱり面白い!韓国映画は恋愛ものよりサスペンスがいい。

元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)は、今ではデリヘルの経営者。最近ジュンホの元で働く女が立て続けに姿を消していた。

ある夜、ジュンホは風邪で休みたいというミジン(ソ・ヨンヒ)を無理やり客の元に向かわせるのだが、その客の携帯電話の番号がこれまでに姿を消した女たちが最後に会った客のものだということに気付く。ジュンホは急いでミジンに電話をし、客の家に着いたら相手に気付かれないように住所をメールで知らせろと命じたのだが、いつまで待ってもミジンからのメールは来なかった・・・。

実は、ヨンミン(ハ・ジョンウ)という青年が映画序盤であっさりと殺人を自供してしまいます。ところが、このヨンミンがかなりの曲者。自供はするものの、物的証拠は何も見つからず、焦る警察は、ヨンミンの嘘の供述に踊らされる始末。

ジュンホは自らの手でどこかに捕らわれているであろうミジンを探そうと必死になります。しかし、ジュンホは決して女たちに優しかったわけではありません。実は、ミジンに幼い一人娘がいることが分かって、行き場のないその子と仕方なく一緒にいるうちに、何となく情が湧いてきたというところもあって、より懸命にミジンを見つけ出そうとしているのです。ちょっぴり『レオン』を思い出しました。

しかし、ヨンミンはジュンホや警察が考えているよりも遥かに恐ろしい殺人鬼だったんです。

韓国映画は、オブラートに包んだりしない、ストレートな暴力シーンが描かれることが多いのですが、この『チェイサー』でもそうでした(;´Д`)

グロテスクなシーンが多いので、そういうのが苦手な方にはオススメできないかもしれません。私も決して得意なわけではありませんが、韓国のサスペンス映画を観ようと思ったら、ある意味避けては通れないので、覚悟して観ました。ただ、映画としてはかなりハラハラドキドキさせられましたし、そういう意味ではとても面白かったです!

なお、この『チェイサー』は、韓国で実際に起きた事件をベースにしているそうです。

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
監督:ナ・ホンジン
販売元:角川エンタテインメント
発売日:2009/10/02
参考価格:¥4,179
価格:¥3,349
OFF : ¥830 (20%)
Amazonで詳細を見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。