X-MEN ファースト・ジェネレーション

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

X-MENファンとして、これは観なきゃ思っていた『X-MEN ファースト・ジェネレーション』を観ました。

このファースト・ジェネレーションでは、後のプロフェッサーX、チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)と同じく後のマグニートー、エリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)の二人がどのようにして出会い、どうして対立するようになったのかが描かれています。これまでX-MENシリーズを観てきて、プロフェッサーXとマグニートーがかつては同じ道を歩む仲間であったという事は知っていたのですが、一体何があって二人の歩む道が分かれてしまったのか、詳しい事はよく分からないままでした。

でも、今回ファースト・ジェネレーションを観て、ようやく二人の過去を知る事が出来ました。

特殊能力を持つミュータントの存在を知ったアメリカ政府。世界の平和を乱そうと企むセバスチャン(ケヴィン・ベーコン)率いるミュータント集団と戦わせるために、チャールズを中心に各地からミュータントを集める。

幼い頃セバスチャンに母親を殺されたエリックは、復讐に燃え、一人セバスチャンを追っていたところチャールズに出会い、仲間に加わる。巨大な敵セバスチャンに立ち向かうため、手を取った二人は強い絆で結ばれるようになる。

プロフェッサーXとマグニートーの出会いが分かっただけで、シリーズのファンとしては、結構満足しました。もちろん、それだけでなく、ファースト・ジェネレーションにしか登場しない様々な特殊能力を持つX-MENたちの派手な戦闘シーンも楽しめました。まあ、ストーリー云々より、X-MENたちがいかにそれぞれの特殊能力を駆使して格好良く戦うかというのが、そもそも私のこのシリーズの楽しみなのですけど。

ファースト・ジェネレーションには、若かりし頃のチャールズ、エリック以外にX-MENシリーズではおなじみのキャラ、ミスティークも登場しています。ミスティークと言えば、マグニートーの手下の一人で、マグニートーを敬愛している女性のミュータント。ところが、ファースト・ジェネレーションを観て、意外な事実を知りました。実は、後のミスティーク、レイブン(ジェニファー・ローレンス)は最初にまだ幼いチャールズと出会い、まるで兄妹のような仲だったのです。レイブンはチャールズに恋心を抱いているのに、チャールズはレイブンを大切な友人としてしか見てくれない…。ミスティークとプロフェッサーXがそんな関係だったなんて。これまでのシリーズ作品にそれを臭わせるようなシーンってあったかなぁ。

このファースト・ジェネレーションを観て、もう一度シリーズを最初から観たら、また違う見方が出来て面白そう。そうそう、ヒュー・ジャックマンがカメオ出演してました。

ちなみにファースト・ジェネレーションの監督は『キッス・アス』を手がけたマシュー・ヴォーン。この監督のアメコミ映画、面白いな。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray] X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
ジェームズ・マカヴォイ,マイケル・ファスベンダー,ケビン・ベーコン,ローズ・バーン,ジェニファー・ローレンス,マシュー・ヴォーン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング : 1055

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。