アジョシ

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

最近観た映画の中で一番面白かったのが、ウォンビン主演の韓国映画『アジョシ』。

ウォンビン演じる質屋のテシクは一人ひっそりと暮らしていた。そんなテシクをアジョシと慕う近所の少女ソミ(キム・セロン)。世の中の全てを拒絶しているかのようなテシクだったが、ソミのことは気にかけていた。

ソミの母親はクラブダンサーをしながらシングルマザーとしてソミを育てているのだが、お世辞にも良い母親とは言えない。母親はあやしげな男と付き合い、麻薬に溺れ、クラブの客から麻薬を横取りする手助けをしてしまう。それが組織にばれソミと母親が連れ去られてしまう。

テシクはソミを助けようと一人で組織に立ち向かう。実は元特殊要員のテシク。テシクの執念の追跡が始まる…。

色んな方のレビューにあるように確かに『レオン』に似たストーリーだと思う。ただソミ役のキム・セロンはナタリー・ポートマンみたいにハッとするような美少女じゃないけど。

個人的には『レオン』より『アジョシ』の方が好きですね。より暗くて、より深い気がする。何よりウォンビンの抑えた演技にしびれた。前作『母なる証明』(→レビュー)でも俳優として一皮むけた印象を受けたけれど、今作では渋みを増し、より大人の男になっていた。

ハラハラするストーリー展開で最後まで飽きさせないのだけれど、韓国映画ならではのグロさがちょっと…。クライマックスの格闘シーンは直視出来ず目をそらしてしまった。ただ、ハリウッド映画にありがちなご都合主義のハッピーエンドではなく、どこか突き放した感じの結末なのがいい。

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray] アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ウォンビン,キム・セロン,キム・ヒウォン,キム・ソンオ,キム・テフン,イ・ジョンボム

Happinet(SB)(D)
売り上げランキング : 4399

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">