アパートの鍵貸します

アパートの鍵貸します [DVD]

新作にこれといって観たい作品がなかったので、たまには古い映画を観ようと思って借りたのが、ビリー・ワイルダーの『アパートの鍵貸します』。主演は以前観た『チャイナ・シンドローム』でのシリアスな演技が印象的だった俳優ジャック・レモン。この『アパートの鍵貸します』では、ユーモラスな演技で楽しませてくれました。

保険会社に勤務するバクスター(ジャック・レモン)は、ある理由で4人の上司に目を掛けられていた。独身でアパートに一人暮らしのバクスターは、上司が浮気を楽しむ場所として自分の部屋を貸していたのだ。部屋に帰りたくても帰れず仕方なく残業をして時間を潰したり、寒空の下であてもなくうろうろしたり、不便なことは多いけれど、上司たちはその見返りに昇進させてくれると言う。

とうとう部長のシェルドレイク(フレッド・マクマレイ)に呼ばれたバクスター。てっきり昇進の話だと思い、喜んで部長の部屋に向かったのだが、部長はバクスターが上司がよからぬ事をするために部屋を貸していることを指摘。二度としないと慌てるバクスターにシェルドレイクは、自分にも部屋を貸すよう要求。バクスターは見事昇進を果たす。

ところが、シェルドレイクの浮気相手というのは、バクスターが想いを寄せていたエレベーターガールのフラン(シャーリー・マクレーン)だった・・・。

1960年制作ということでモノクロ映画でした。隣人にはバクスターが毎晩のように女を部屋に連れ込んで騒いでいると勘違いされ、大家のおばあさんには文句を言われる。時間を決めて部屋を貸しても、上司は約束を守らない。時には真夜中に電話してきて部屋を空けろと言われる始末。それも昇進のためと悪態をつきながらも我慢するバクスターの姿がユーモラスで可笑しかった。それとフラン役のシャーリー・マクレーンが愛らしい。妻とは別れるとその場しのぎな事ばかり言うシェルドレイクなんかとはとっとと別れてバクスターにしなよと心の中で言いながら観ていました(笑)。

バクスターとフランには最後までキスシーンもないまま。それでもキュンとさせられた。素敵なラブコメディーでした。果たして最近の恋愛映画に同じことが出来るかどうか。

アパートの鍵貸します [DVD] アパートの鍵貸します [DVD]
ジャック・レモン,シャーリー・マクレーン,フレッド・マクマレイ,ビリー・ワイルダー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング : 5727

Amazonで詳しく見る

死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版 死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
スティーヴン・ジェイ シュナイダー,野間 けい子

ネコ・パブリッシング
売り上げランキング : 104764

Amazonで詳しく見る

改訂新版が出た『死ぬまでに観たい映画1001本』。ちょっと高いけどこの本欲しい!もっと古い映画を観てみたいから、参考にしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">