リバーライト ナノセラファイン デイリーフライパン買いました!

我が家では、2年ほど前に購入した無印良品のアルミふっ素加工フライパン(無印良品の発見祭でまとめ買い)を使っていたのですが、だいぶん前から焦げ付きやすくなってしまいました。それでも、油の量を多めにしたりして、ごまかしながら使ってきました。
しかし、フライパンはほぼ毎日使う物。すぐに焦げ付いてしまうフライパンにイライラしながら料理するのも嫌なので、フライパンを買い換えることにしました。もともと安いフライパンだったのだし、もっと早く買い換えても良かったんですけどね(笑)


新しいフライパンは、楽天市場にある厨房屋というショップで購入しました。


買ったのは、リバーライト ナノセラファイン デイリー フライパン 26cm

実は、リバーライト(RIVER LIGHT)の鉄フライパンを数年前に購入して、今でも使っています。それで、今回は同じリバーライトのフライパンを買うことにしました。

このデイリーフライパンは、リバーライトのナノセラファインシリーズの中でもリーズナブルなモデル。その理由は、見ての通り包装が簡易。それにハンドルも他モデルに比べてシンプル。また、電磁調理器(IH)で使用することが出来ません。ただし、IH対応モデルに比べて軽いという利点があります。我が家はIHではなく、ガスなので迷わずお手頃価格のデイリーフライパンに決めました。


このナノセラファイン デイリーフライパンは、テフロン加工のような樹脂加工ではなく、セラミックのフライパン。セラミックは樹脂のように熱で溶けたり剥がれたりすることがないとのこと。また、樹脂加工のフライパンに比べて熱効率が高く、予熱後は弱火~中火で十分調理することが出来るので、強火不要の省エネクッキングが可能なのだとか。


裏はこんな感じになってます。

まず、早速目玉焼きを焼いてみました。というのも、フライパンが焦げ付くようになってから、目玉焼きを作るのを避けていたので(笑)。それから、ギョーザも焼きました。ちょっと前にギョーザを焼いた時、せっかくのギョーザの皮がフライパンにくっついてガッカリしたのですが、今度はパリッと上手にギョーザを焼くことが出来ました。フライパンが焦げ付かないというだけで、毎日の料理がちょっと楽しくなりますね♪

あとはきちんと手入れをして、長持ちさせたいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。