eneloopのUSB出力付リチウムイオンバッテリー買いました!

BUFFALOのポータブルWi-Fiルーターを購入してからというもの、 外出の際に必ずと言っていいほど持ち歩くようになったiPadやiPod touch。でも、ついうっかり充電するのを忘れて外出先で充電切れ・・・なんてこともしばしば。特に困るのがWi-Fi。iPadなどは画面を見ればバッテリー残量の大体の目安が分かるのですが、Wi-Fiはよく分からないから、そろそろ充電しておいた方がいいかな?というところで充電しています。そのため、ついうっかり充電し忘れて、いざと言うときに受電切れということがこれまで何度もありました。


そこで買ったのが、SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS。eneloopシリーズの商品、eneloop mobile booster(エネループモバイルブースター)です。

eneloopはこれまで単3あるいは単4の充電式電池を使用していて、便利だなぁと思っていましたが、こんな商品があるなんて知りませんでした。ネットであれこれ調べて見つけたのは夫。私は商品が届いて初めて夫が何を買ったのかを知ることが多いです(笑)。


eneloop mobile boosterのセット内容は、USB出力付リチウムイオンバッテリー、本体充電用USBコード、専用ACアダウター、マイクロUSB用アタッチメント。それに取扱説明書が入っています。


本体のサイドにはDC入力ジャックとUSB-mini入力端子、もう一方のサイドにUSB出力端子×2があります。バッテリーの重さは130g。

バッテリーの充電方法は専用ACアダプターを使用するか、付属のUSB出力用コードを使用してパソコンなどの電源から充電することも出来ます。また本体の出力ボタンを2秒以上押すと、バッテリー残量を確認することが出来ます。といっても、点灯したら「使用可(充電不要)」、点滅したら「使用可」、瞬間の点滅なら「充電してください」という、3段階しかないので、あくまでもおおまかな目安程度のものです。


試しにiPadをつなげて充電してみました。正常に出力しているとバッテリーの発光表示部が点灯します。きちんと充電することが出来ました。もちろんWi-Fiも。

ちなみに出力時間は消費電流500mAで1口使用なら約4時間、2口使用なら約2時間。1Aの場合1口のみでの出力となり、出力時間は約2時間。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS

三洋電機
売り上げランキング : 131

Amazonで詳しく見る

これで、今度から外出先で充電が必要になっても大丈夫!ただし、バッテリーの充電を忘れたら意味がないですけど(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">