アンストッパブル

アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

我が家のテレビがブラウン管から大型液晶テレビに替わり、さらにデジタルサラウンドヘッドホンを購入してからというもの映画館から足が遠のき、映画鑑賞はもっぱらレンタルDVDになりました。しかし、先週久しぶり(確か昨年の正月に『アバター』を観て以来)に映画館で映画を観ました。というのも、夫が映画券をもらったから。

現在公開中の作品から選んだのは、デンゼル・ワシントン、クリス・パイン出演の『アンストッパブル』。テレビCMで見た予告が面白そうだったし、デンゼル・ワシントンが好き(今より昔の若くてスリムな時がもっと好き)なので。

鉄道会社の職員による人為的ミスで、無人の貨物列車が猛スピードで暴走してしまう。しかも貨物の中身は有毒な化学物質・・・。様々な手段で列車を止めようとするが、ことごとく失敗。
ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌ウィル(クリス・パイン)の二人が乗る貨物列車が、暴走列車を止めるべく追いかける・・・。

実際に起きた事故を基にした映画ということだったので、もう少しシリアスな作品かと期待していたのですが、予想と違って分かりやすくてシンプルなアクション映画でした。それに、特に新鮮味もなく、どこかで観たようなありきたりなストーリー展開でだったので、正直ガッカリしました。

訳あって妻子と別居しているウィルの話は、何だか中途半端(別居にいたる理由や、それに対するウィルの妻の対応など)だったし、必要なかったかも。家族愛あるいは夫婦愛を盛り込んだつもりかもしれないけれど、私はかえって薄っぺらく感じてしまいました。

シリアスなサスペンス映画ではなく、単純明快なアクション映画としてなら楽しめる内容だと思います。ドキドキ感はありますし。ちなみに夫の感想は「レンタルDVDで十分だったな」。・・・確かに。どうせ映画館で観るのなら、3Dの『グリーン・ホーネット』にすれば良かったかなぁ。

監督:トニー・スコット
発売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2011/04/27
参考価格:¥3,990
価格:¥2,953
OFF : ¥1,037 (26%)
Amazonで詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">