インビクタス 負けざる者たち

インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

私の好きな映画のジャンルの一つが、スポーツ映画。挫折をしながらも、苦しみ、努力をして、最後には栄光を掴むという、単純明快でベタなストーリーが好きだったりします。その方が観終わった後に、スッキリするから☆

この『インビクタス』をレンタルしようと思ったのも、てっきりそういうスカッとするスポーツ映画だと思ってたから。
予告編も観たことあったけど、実話に基づいたストーリーだとは知りませんでした。

27年もの間、刑務所に投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放され、黒人としては初めて南アフリカの大統領に就任する。
しかし、アパルトヘイト時代の暗い影を引きずる国内では、黒人と白人の間にある深い溝はなかなか埋められなかった。

そんな中でマンデラが目をつけたのが、南アフリカのラグビー代表チーム“スプリングボクス”。
南アフリカでは1995年にラグビーワールドカップの開催を控えていた。しかし、スプリングボクスの現状では、ワールドカップの決勝進出など到底不可能に思われた。

南アフリカでラグビーをするのは、ほとんどが白人で、スプリングボクスにも黒人選手はたった一人だけしかいなかった。

スプリングボクスのキャプテン、ピナール(マット・デイモン)は、マンデラの、そして国の期待に応えるべく、ワールドカップに向け、チームを率いる。

監督がクリント・イーストウッドだと言うことを、映画を観終わった後に知ったのですが、それを知って、「なるほど」と思いました。
『インビクタス』は、ラグビーというスポーツを扱いながらも、ネルソン・マンデラという実在の人物の人物像や功績に主眼を置いているので、派手さはなく、どちらかといえば淡々とした地味な映画だったので、そのあたりにイーストウッド監督作品っぽさを感じたのです。

私が期待していた、単純明快でスッキリするスポーツ映画とはちょっと違っていたものの、これが実話に基づいていると思えば、なかなか感動するストーリーではありました。ただ、逆にこれが実話でなくフィクションだとすれば、スポーツ映画としては派手さや迫力に欠けるし、やや面白みのない映画だと感じたかもしれません。

前から思っているのですが、イーストウッド監督の映画は、イーストウッド本人が出演しない方がよく出来た映画に感じられる気がします(笑)
この『インビクタス』もそうですし、『ミスティック・リバー』や『チェンジリング』もそう。
グラン・トリノ』を観てみたいと思っているのですが、イーストウッド監督&主演なので、観るべきかどうか迷っているところです。

監督:クリント・イーストウッド
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/07/14
参考価格:¥3,980
価格:¥2,784
OFF : ¥1,196 (30%)
Amazonで詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。