インサイド・マン

インサイド・マン 【ベスト・ライブラリー 1500円:サスペンス特集】 [DVD]

『インサイド・マン』は、デンゼル・ワシントンにジョディー・フォスター、クライヴ・オーウェンという豪華キャストの映画。そして、監督はスパイク・リー。こりゃあ、見ないと損だ!と思って、TSUTAYA DISCASの予約リストに入れたのです・・・。

ところが、冒頭のクライブ・オーウェンの独白シーンを見て、「ん!?」と思ったのです。どこかで見たような・・・。
そう、実は、この映画ずっと前にレンタルして既に観たことがあったのです(泣)

一緒に観ていた夫も、スグに気付いたようで「これ観たことあるやつじゃない?」と言ってきたので、とりあえず「もうあらすじ忘れちゃってるから、もう一回観ればいいじゃん!」とちょっぴり逆ギレ気味に返事をして(笑)、そのまま最後まで観ました。

ダルトン(クライヴ・オーウェン)をリーダーとするグループが、銀行強盗をする。犯人グループは、その場にいた銀行員と客を集め、携帯を出させ、服を脱ぐよう命令する。
そして、さらに自分たちが着ているのを全く同じジャンプスーツを人質に着せ、覆面を付けさせた。

一方、ある疑惑をかけられている捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は、汚名返上のチャンスとばかりに銀行強盗の解決に乗り出す。
そこに有能な女性弁護士ホワイト(ジョディ・フォスター)が現れ、犯人との交渉役に名乗りをあげる。

一人、また一人と事あるごとに人質を釈放する犯人グループ。しかし、周囲を包囲する警官には、釈放されたのが本当に人質なのかどうかは分からない。なぜなら、彼らは皆同じ服を着ているのだから・・・。

これ、トリックを知らずに観たら面白いと思います。実際、私も一回目に観た時は、最後の最後に「なるほど!」と思いました。
ただ、今回は二回目なので、結末を知ってしまっている分、ドキドキ感がなかったです。いやぁ、まさか一度観た映画をまた借りるとは(;・∀・)

まあ、それくらい豪華キャストで、かつ面白そうなストーリーだったということです(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。