G.I.ジョー

G.I.ジョー [DVD]

アクションシーン満載でスカッとしそうな、アメコミっぽい映画が観たいと思って借りたのが、この『G.I.ジョー』。
ちなみにイ・ビョンホンのハリウッドデビュー作でもあります。

正義のヒーロー軍団G.I.ジョーVS悪の組織コブラという、なんとも分かりやすい設定で、そのG.I.ジョーとコブラが、最強兵器ナノマイトをめぐり戦いを繰り広げる。

そこに、主人公デューク(チャニング・テイタム)と、コブラのバロネス(シエナ・ミラー)との過去、さらにG.I.ジョーの一員で謎めいたキャラクター、スネークアイズと、イ・ビョンホン演じるコブラのメンバーストームシャドーの因縁を絡めたストーリーになってます。

同時期に『アイアンマン』を観たせいか、『G.I.ジョー』のストーリーの貧弱さや出演俳優の華の無さが目立ってしまいました。
主人公デューク役のチャニング・テイタムのこと、全く知りませんでした。私が知っていたのは、デニス・クエイドとイ・ビョンホンだけ。

ただ、アクションシーンはそれなりに楽しめました☆
あと、スネークアイズとストームシャドーが幼少期を過ごした日本の描写が、ハリウッド映画によくある相変わらず勘違いな日本になっていて、そこが笑えました(´∀`)

続編の製作が決定しているようですが、たぶん観ない・・・と思う。

予告編見ると、なかなか面白そうなんですけどね。そこは、予告編を製作する人の腕なのでしょうか。
そういえば、映画『ホリデイ』でキャメロン・ディアスが映画予告編製作会社の社長を演じていたなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。