私の中のあなた

私の中のあなた [DVD]

映画公開時から気になっていた『私の中のあなた』。TSUTAYA DISCASでレンタルしました。DISCASでは、人気のある新作DVDでもリストに登録しておけば比較的早くレンタルできるから嬉しい♪楽天レンタルを利用していた時は、新作DVDはなかなか送られてこなかったような気がします。

フィッツジェラルド一家は、母親サラ(キャメロン・ディアス)、父親ブライアン(ジェイソン・パトリック)、長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)、長男ジェシー(エヴァン・エリングソン)、次女アナ(アビゲイル・ブレスリン)の5人家族。

とても仲が良く、幸せな家族・・・のはずだったのだが、ある日11歳の次女アナが両親を相手に訴訟を起こす。

アナはテレビCMにも出演する敏腕弁護士キャンベル(アレック・ボールドウィン)に、「自分の体は自分で守りたい」と言う。

実は、長女のケイトは2歳の時に白血病に侵されていることが分かり、サラとブライアンはケイトのドナーに適した受精卵を作り出してアナを出産したのだった。アナは、腎不全のケイトに腎臓を提供するように両親に強制されているが、これ以上手術を受けることを拒否したいのだと主張する。

アナの弁護を引き受けたキャンベル。一方、突然娘に訴えられたサラは、アナにケイトが死んでもいいのかと激しく詰め寄るのだが、アナは訴えを取り下げようとしない。

結局、元弁護士であるサラはアナと法廷で対決することに・・・。

この映画のどこが気になっていたのかと言うと、なぜアナが両親を訴えてまで姉ケイトのドナーになることを拒否したのかということ。製作者の思うツボですね(笑)

アナとケイトが仲の悪い姉妹なのかというと、そうではなく、むしろ二人はとても仲の良い姉妹で、アナはケイトを愛している。そして、アナを産むことになった理由はケイトのためだったとはいえ、サラとブライアンはアナのことを愛しています。

ただ、サラの関心はケイトに集中していて、アナだけでなく、息子のジェシーや夫のブライアンの事にまで構ってはいられないという様子。そのことを誰よりも気にかけているのが病気のケイト本人。自分が家族からサラを奪ってしまっていると感じているのです。

クライマックスの法廷シーンでようやくアナの真意を知ることが出来ます。そこで、あぁ、そうだったのか、と納得しました。

家族全員が互いを想いあっているのに、いつの間にか溝が出来てしまっていた・・・。特にサラが一人で空回りしてしまっている姿が切なかったです。

それからジェシーがバスに乗り損ねて帰宅が深夜になり、両親に叱られるのを覚悟して家に帰るというシーンがあるのですが、ブライアンはジェシーが帰っていなかったことにすら気付いていない様子だったというのも切なかった(´・ω・`)

風邪をひいている時に観たので、ただでさえ鼻水で大変だったのが、さらに涙と鼻水でとんでもないことになってしまいました(笑)

色々と考えさせられる映画でしたが、後味は決して悪くはなく、観て良かったと思える映画でした。

それにしても、キャメロン・ディアスが老けた気がする・・・。今でもかわいいとは思うのですが、『ベスト・フレンズ・ウェディング』の時は本当にかわいかったなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">