ノウイング

ノウイング プレミアム・エディション [DVD]

TSUTAYA DISCASに入会してから、2回目に送られてきた2枚のDVDのうちの1枚がニコラス・ケイジ主演の『ノウイング』。

新作DVDだけどあっさり借りれちゃいました。ニコラス・ケイジ人気ないのかな(笑)

今回はこれといって目当ての映画がなかったので、ディスカスの新作DVDの中からざっとあらすじをチェックして選んでみました。

物語は、1959年のとある小学校から始まります。50年後に開封されるタイムカプセルを埋めることになり、中に入れる未来の絵を書く子供たち。しかし、何やら影のある少女ルシンダは、紙いっぱいに数字を書き連ねます。

そして、現在。妻を亡くし、男手一つで小学生の息子ケイレブを育てる宇宙物理学者のジョン(ニコラス・ケイジ)。ケイレブが通う小学校の行事で50年前に埋められたタイムカプセルを掘り出し、開封することに。タイムカプセルの中から出てきた封筒は子供たちに配られ、ケイレブがもらった封筒にはルシンダの名前が・・・。

数字で埋め尽くされた紙を持ち帰ったケイレブ。ケイレブが眠った後、一人酒を飲んでいたジョンは、何となくその紙を手に取り、そこに書かれた数字の謎を解こうとする。

そして、ジョンは、その数字が過去50年に起きた大事件や事故の日付とその犠牲者の数であることに気付く。ジョンはそこに、妻が亡くなった事故の日付を見つける。残る3つの日付は、これから起きる事件あるいは事故の予言だと信じるジョンは、それらを何とか防ごうとするのだが・・・。

あらすじはざっとこんな感じです。

最初、少女ルシンダのシーンを観た時は、ホラー映画かと思い、途中からはSF映画だと思って観てました。つっこみどころは、多少あったものの、なかなか面白かったですよ・・・クライマックスを観るまでは。

21世紀にもなると、ノアの箱舟も進化するんですね(笑)。何だろう。このガッカリ感は。前に何かの映画を観た時にも感じたような・・・?

あー、思い出した!キアヌ・リーブス主演の『地球が静止する日』だ!!テーマに共通するところがあるし。

決してつまらなくはないんです。かなりハラハラドキドキしましたし。ただ、私は最後で笑っちゃいました。でも、ニコラス・ケイジ主演っていうところで、B級っぽい映画かもしれないと、ある程度覚悟はしてました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。