ザ・スピリット

ザ・スピリット [DVD]

「ザ・スピリット」は、「シン・シティ」の原作者兼監督(ロバート・ロドリゲスとの共同監督)であるフランク・ミラーの監督作品。

私はもともとアメコミ映画が好きで、「シン・シティ」も面白かったので、この「ザ・スピリット」も観てみたいと思ってました。

アマゾンのレビューを見ると、かなり評価が低いようですが、私は結構面白いと思いました。

主人公のスピリット(ガブリエル・マクト)は、町の平和を守る不死身のヒーロー。

確かにマスクをしたその外見はヒーローっぽいのですが、警察と協力して事件の調査をするという地味なヒーローだったりします。

なぜスピリットが不死身になったのか、スピリットの正体は何なのかというのは映画の中で明かされます。

スピリットの宿敵オクトパスを演じるサミュエル・L・ジャクソンが、かなりコミカルな演技をしているのでビックリしました。そういうキャラではないと思っていたので。

オクトパスもスピリットと同じく不死身。序盤で二人が思い切り戦うシーンがあるのですが、ケガはするものの死なないので、もう何でもアリで思わず笑っちゃいます。

脇を固める女優陣が美人揃い。スピリットの恋人エレンを演じるサラ・ポールソン、オクトパスの右腕シルケン・フロスを演じるスカーレット・ヨハンソン。

でも、一番魅力的だったのは、スピリットの元恋人で宝石泥棒のサンド・サレフを演じたエヴァ・メンデスかなぁ。

ストーリーは「シン・シティ」ほどのダークさがない分、ちょっと軽い感じはしますが、映像はアメコミの世界を上手く表現していたと思います。

ちなみに「ザ・スピリット」の原作者はフランク・ミラーではなく、ウィル・アイズナーという漫画家。


The Spirit – Theatrical Trailer

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">