チェンジリング

チェンジリング [DVD]

映画公開時のテレビCMを見て、面白そうだと思っていた作品。DMM.comでレンタルして観終わっていたけど感想がまだでした。

私が観たクリント・イーストウッド監督作品の中では一番面白かったです。クリント・イーストウッドが監督する時は自分が出演しないで監督に徹した方がいいのかも(笑)

この『チェンジリング』は1928年のロサンゼルスで実際に起きた出来事をもとにした映画。主演はアンジェリーナ・ジョリー。

ある日シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)が帰宅すると、9歳の息子ウォルターの姿がない。それから5ヵ月が経ち、ウォルターが無事に発見されたという報せを受け、クリスティンは大喜びで会いに行くのだが、それは見たこともない子供だった・・・。

その場ですぐに自分の息子じゃないと否定すれば済みそうなものなのですが、そう簡単にはいかないのです。

実は、相次ぐ不祥事で信用が失墜していたロサンゼルス警察が、誘拐事件の解決で市民の信用を取り戻そうとしていた為、クリスティンがどれだけ必死にこの子はウォルターではないと主張しても、5ヵ月の間に変わったのでしょうとかなんとか言ってまるで取りあってくれないのです。

さらには警察の息のかかった医者に偽者を本物のウォルターだと証明させて、クリスティンをせっかく戻ってきた息子を受け入れようとしないひどい母親に仕立て上げようとする始末。

それでも、愛する息子を取り戻そうと必死のクリスティンは諦めずに警察に食い下がります。

ところが、クリスティンがマスコミと接触しようとしていることを知った警察は、彼女を無理やり精神病院に入れてしまいます。

とにかく警察は権力を振りかざし、なりふりかまわぬ卑劣な行動でクリスティンの口を塞ごうとします。

なぜ別人なのにその子供は自分がウォルターだと名乗るのか?本物のウォルターは一体どこにいるのか?

偽ウォルターの動機は単純なものですが、本物のウォルターの行方に迫るストーリー後半部分は、ミステリー要素がグッと強くなり、目が離せない展開になります。

これが実話に基づいたストーリーだということに本当に驚きました!

アンジェリーナ・ジョリーの熱演も素晴らしかったです。これはアカデミー主演女優賞にノミネートされたというのも納得です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。